大阪から憧れの北海道に移住。ひょんなことから2匹の猫と暮らすことに。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南国気分!!
2009年11月30日 (月) | 編集 |
先日、雪が降った時の景色です。
CIMG2331.jpg


いつも見える、見事な山々も見えず・・・
CIMG2332.jpg

「さ・さぶい~!」
CIMG2333.jpg

でも、大阪の冷たい強風に吹きさらされることのほうが、
もっと、寒いように感じます。(今だけ!ですけど。)
ホンマにめ~っちゃ冷たいんです!風が。
寒すぎて、腹立つ!ぐらいやったもん。

「ええかげん、風も止まってや!!」って叫んでたなぁ。
あの風、あびたら冷た過ぎて涙が出るんやから・・・


けれども・・・
北海道の冬の風は、もっとすごいんでしょうが・・・




しか~し!!
外は寒いかもしれんが、家の中はまるで南国気分!!
暖房器具がすごいから、ホンマに幸せです~。




私以上に・・・

幸せ~!を感じているのは・・・
いつもの、この黒い子!
CIMG2303.jpg
あっ!

今日は、パパも一緒かいな。

私の座る場所がないやんか!
もうちょっと、気を使われへんかな~。



そやけど、
パパのこの顔見たら・・・
CIMG2305.jpg
座るところが無くても、幸せな気分になるんやなぁ~にぱー
パパもやっぱり、寒いんやなぁ。



ブログランキングに参加してます  
人気ブログランキングへ
 ←クリックして応援してね~!


コメント
この記事へのコメント
パパー
銀世界の写真、なんか悲しい気分になるようなでもとてもきれい..。
本格的な冬の始まりですね。
おうちは南国でよかったーーー。
北海道では冬のアイスクリームの消費量が内地より多いとテレビで見たことがあります、南国のお部屋でアイスクリームを食べる事が北海道民は大好きなのとか..。
パパとシロちゃんも南国で本当によかったです。もうずっとそうなんだね、うれしいなー。
2009/12/01(火) 13:43:46 | URL | ふじこ #-[ 編集]
Re: ふじこさんへ
これから、雪に覆われてしまうと思うと、
寂しいです。でも、雪景色もきれいなんです。

そうなんや~。冬のアイスクリームの消費量が
寒いはずの北海道で、内地より多いんですね。
確かに部屋が南国なんで、アイスクリームが
おいしいと思います。
冷たいビールも美味しいですよ~!

パパとシロちゃんも、すっかり南国生活にうっとり
してます~。
もうずっと、快適に過ごしてもらえます~。

2009/12/01(火) 18:49:28 | URL | きみやん36 #-[ 編集]
初コメです
いつも楽しく見させていただいております。
今日は初コメです。

確かに、北海道より、大阪の風の方が冷たい!っていう所を読んで思わず同感です。私、北海道には行ったことがないのですが、去年までアメリカのシカゴという所に4年おりました。冬はあんまり雪が降らないのですが、平均気温が常に-10℃以下。時々-25℃などになるので、ほんと凍えるような寒さなのです。でも今年の一月にロンドンに引っ越してきて、これで寒さとはお別れだわ~☆って喜んでいたのに、なんと、ロンドンの方が体感気温が絶対的に低い!でもロンドン平均気温7~9℃くらいなんですよ。(涙)なぜにそんなに違うのかしら?湿気を多く含んだ風がそうさせるのか?もう毎日雨空とこの底冷えがする寒さに悪態をついている所です。
これからますます寒くなると思いますが、暖かくお過ごしくださいね。
2009/12/02(水) 22:32:30 | URL | なおみ #-[ 編集]
Re: なおみ さんへ
はじめまして!お返事遅くなってすみません。
いつもブログ見ていただいてありがとうございます。
ロンドンから、コメントいただけるとは!
めちゃくちゃうれしいです。
シカゴって平均気温が常に-10℃以下って聞いて
ビックリしました。時々-25℃というのもすごいですね!
でも、ロンドンのほうが寒いんですね。まさに、私の「大阪の風」
の話と一緒ですね。
そちらの暖房器具とか、家の造りはどんな感じなんですか?

なおみさんも、これから寒さが強くなると思いますが、
体調に気をつけてくださいね~。
今後も、よろしくお願いします。
2009/12/06(日) 23:18:44 | URL | きみやん36 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。